プロフィール

  • ひで

    フォト

    神奈川県に住むレトロゲーマー。けど、ボダブレもやっています。

    Mail : freese@hotmail "dot" co "dot" jp

最近のコメント

最近のトラックバック

« Linux 備忘録 【3】 | トップページ | Linux 備忘録 【5】 無線LAN「PLANEX GW-DS300N」編 »

2009年6月13日 (土)

Linux 備忘録 【4】

ついに自宅のパソコンをLinux専用にしました。OSはopenSUSE。
いろいろ考えた上で見た目と機能の高さですね。
それは、おいおい触れるとして・・。

今回は、スーパーユーザーとファイルパーミッションについて

 ◇∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞*∞◇
Windows95,98辺りを触った人や、普段家庭だけでパソコンを使っている人は
あまりマルチユーザーということを意識しないで使っている(いた)と思います。

しかし、昨今のXP、Vistaを含めて1つのパソコンをいろいろな人が使うという概念から
マルチログオンというのが当たり前になっています。

簡単に言えば、自分の部屋にあるものを他人に勝手に使われたくないですよね?

しかし、根本的に家の作りから物の置く位置まで決めるのは、世帯主とかだったりします。

それと同様に、パソコンの世界でも、管理者が設定を色々決める権限者がいます。
Windowsで言えば、「Administrator」であります。Linuxでそれにあたるのが
「root」となります。(ファイル構成のルートディレクトリとは違うので注意)

rootはすべての権限を持つことができます。従って、操作には十分気をつける必要があるのと
セキュリティが丸裸になってしまうので取扱いに配慮をしなければなりません。

しかし、普通のユーザーの時に、例えばソフトをインストールしなければならないとき
自分が管理者権限を持っているのであれば、いちいちログインしなおさなければならない
のは大変です。

そこで、Linuxでは「su」や「sudo」というコマンドを使って、権限を半継続的または一時的に
変更する事ができます。詳しいことは、本やネットを見てもらうとして、この2つのコマンドを
覚えることが第1歩になります。ちなみに、「su」は「Substitute User」(ユーザーの代理)
または「Switch User」(ユーザーの切り替え)の略だそうです。

そして、もう一つ。ファイルパーミッションについて

Windowsは、かなり細かくファイルやフォルダの制限をかける亊ができます。
しかし、Linuxは簡単に、けれども、かなり強力な制限をかける亊ができます。
rootと保有しているグループとその他の人の3種類だけで管理をして、
なおかつファイルについても読み込み、書き込み、実行の3種類だけで制限をかける亊ができます。

rwxrwxrwxあるいは777が一番制限が緩く、---------あるいは000が一番制限を厳しくする亊ができます。

これは、何かと言うと、最初のrwxがrootの状態で、次のrwxがグループの状態、
最後のrwxがそれ以外の他の人の状態を表しています。

rwxは、Read,Write,eXecuteになっています。これを3桁の数字で表すと777などになるのですが、
これも詳しいことは本やネットを見てもらいましょう。

« Linux 備忘録 【3】 | トップページ | Linux 備忘録 【5】 無線LAN「PLANEX GW-DS300N」編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Linux 備忘録 【3】 | トップページ | Linux 備忘録 【5】 無線LAN「PLANEX GW-DS300N」編 »

Ubuntu

  • The next version of Ubuntu is coming soon

Firefox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

RSSの登録

Amazon


  • キーワード:

twitter

無料ブログはココログ