プロフィール

  • ひで

    フォト

    神奈川県に住むレトロゲーマー。けど、ボダブレもやっています。

    Mail : freese@hotmail "dot" co "dot" jp

最近のコメント

最近のトラックバック

« Linux 備忘録 【9】 DynDNSの設定 | トップページ | Linux 備忘録 【11】 VPN(PPTP)の設定 前編 »

2011年4月 3日 (日)

Linux 備忘録 【10】 FLETS SPOTの設定

どこにいてもノートパソコンでMAMEや他のゲームをするときに、ファイルサーバーを立てることを考えたひでさんは
このように考えていました。

ノートパソコン − なんらかのネットワーク − ルーター − ファイルサーバー

その設定をがんばってみる企画です。今回は、「太字になっているなんらかのネットワーク」のところです。
前回: 【DynDNSの設定】


いつでもどこでもゲーセン計画ですが、本来は3GとかWiMAXのほうが当然いいわけですが、
残念ながらそこまでのお金をかける余裕がありません。では、どうするか?

「いつでもどこでも」からはかなり離れてしまいますが、今回は公衆無線LANを使用したいと思います。

公衆無線LANとは、企業が設置している無線LANを利用して接続するためのものです。
多くの公衆無線LANがありますが、ほとんどは月額定額制で、多くは1000円以下で使用できます。
そのなかでも格安なのは、フレッツ加入者であれば、210円で利用できるフレッツ・スポットです。

実は、昨年5月までは840円でしたが、大幅に値段が下がりました。
これだったら、負担が少なくてすみます。

あとは、ヨドバシカメラのカードを持っているので、ワイヤレスゲート(月380円)も考えました。
が、BBモバイルスポットの多くがマクドナルドにあるのですが、マクドナルドを利用しないので、
結局利用しないことに。


通常は、フレッツ接続ツールを使ってつなぐらしいのですが、余計なソフトを使わずつなげる方法がある
ということなので、それを利用することに。

1.公衆無線LANにつなぐ
まずは、FLETS-SPOTに申し込むと無線LANにつなぐためのSSIDとWEPキー(セキュリティキー)が
送られてきますので、通常通り、ワイヤレスネットワークの接続の設定で作成します。
通常の公衆無線LANであれば、これですぐにインターネットへ接続できるのですが、
FLETS-SPOTだと要はイントラネットにつなぐような感じになり、インターネットの外に出ることができません。
そこで、PPPoEプロトコルの設定をして、つなぐようにするらしいです。

2.PPPoEの設定
普通にインターネットにつなぐように、「新しい接続またはネットワークをセットアップ」で
「新しい接続をセットアップ」「ブロードバンド(PPPoE)」で
ユーザー名はプロバイダのユーザーID(ぷららだとXXX@plala.or.jp)とパスワードを入力します。
作成したブロードバンド接続を接続すれば、使用できるようになります。
ご紹介したサイトのように、デスクトップにショートカットを作ると、ワンボタンで接続できます

さて、いよいよ次回は、VPN(仮想専用線)で自宅ファイルサーバーにつないでみます。
というか、つながることを確認できました! ついにどこでもゲーセン計画が発動!

« Linux 備忘録 【9】 DynDNSの設定 | トップページ | Linux 備忘録 【11】 VPN(PPTP)の設定 前編 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Linux 備忘録 【9】 DynDNSの設定 | トップページ | Linux 備忘録 【11】 VPN(PPTP)の設定 前編 »

Ubuntu

  • The next version of Ubuntu is coming soon

Firefox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

RSSの登録

Amazon


  • キーワード:

twitter

無料ブログはココログ