プロフィール

  • ひで

    フォト

    神奈川県に住むレトロゲーマー。けど、ボダブレもやっています。

    Mail : freese@hotmail "dot" co "dot" jp

最近のコメント

最近のトラックバック

« Linux 備忘録 【10】 FLETS SPOTの設定 | トップページ | ロイヤルホストのフライドポテト »

2011年4月17日 (日)

Linux 備忘録 【11】 VPN(PPTP)の設定 前編

どこにいてもノートパソコンでMAMEや他のゲームをするときに、ファイルサーバーを立てることを考えたひでさんは
このように考えていました。

ノートパソコン − なんらかのネットワーク − ルーター − ファイルサーバー

その設定をがんばってみる企画です。今回は、「ルーターとファイルサーバー」のところです。
前回:Linux 備忘録 【9】 DynDNSの設定


VPN(仮想専用線)とは、あたかも自宅のプライベートLANのように、インターネット上で
ある場所のサーバーと1対1でやりとりする方法です。
セキュリティ上、完全なものとはいきませんが、自宅のファイルサーバーを行う程度なら
今回のPPTPで十分だそうです。
(ただ、IPV6になれば、IPsecがもともと標準になりますし、
そもそもIPV6アドレスがユニーク(唯一)なものになるので、こういうものも楽になるはずなのですが・・)


前編は、ファイアウォールとルーターの設定を行います。

まずは、ルーターから。使っているのは、Buffaloの無線ルーターです。

VPN(PPTP)の信号をそのまま通すVPNマルチパススルーという設定を行います。
セキュリティタブのVPNマルチパススルーのチェックを入れればOK。

そして、送られてきたデータをサーバーに送るために交通整理を行うため、
ルーターのポート変換(静的IPマスカレード・アドレス変換)機能を使います。
VPNでは、プロトコル番号が47。ポート番号が1723を使用しているということなので、
そちらを設定します。

さらに、サーバー機(Ubuntu)では、送られてきたデータをファイアウォールで防がないために、
ポート番号1723をufw(gufw)で許可(allow)にして、データを通すようにします。

これで下準備はOK。いよいよVPNサーバーの設定に入ります!

« Linux 備忘録 【10】 FLETS SPOTの設定 | トップページ | ロイヤルホストのフライドポテト »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Linux 備忘録 【10】 FLETS SPOTの設定 | トップページ | ロイヤルホストのフライドポテト »

Ubuntu

  • The next version of Ubuntu is coming soon

Firefox

  • Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

RSSの登録

Amazon


  • キーワード:

twitter

無料ブログはココログ